[投稿者]by:福(ふく)_φ(・∀・。)

newimage_2

Baidu IME_2017-11-2_14-33-2

座間9遺体事件

おぞましい事件が起きてしまった…

この事件を最初に知ったとき殺されてしまった女性たちは、ひょっとして自殺願望者だったのではないか!?と…そんな気がしていたが、どうやらソレが本当のことのようだ。

神奈川県座間市のアパート一室から9人の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩(たかひろ)容疑者(27)にとってみれば、のTwitterを見ても判るように当初は人助けのような感覚だったのかもしれない。

志願者にとっても、自分を苦しみから救ってくれる救世主のような錯覚さえ持ってしまったかもしれない…つまり、この殺人には相互にとってもリスクの少ないものだったのかもしれない…

なぜならば…
白石隆浩(たかひろ)容疑者(27)にとっての殺人行為は、自殺願望者にとってみれば「救い」にさえ想えるような行為であったため益々、歯止めが効かなくなっていってしまった結果なのかもしれない。

人間の欲望というものは実に恐ろしいもので、利害関係が合致してしまうと時にとんでもないことに繋がっていってしまうところがある。以前、別のブログに書いたことがあるが、この世の中には自ら脚を切り落としたい…そんな恐ろしい願望を抱く人がいる。

彼らは「身体完全同一性障害」と称される病気で... 身体完全同一性障害の患者はとにかく自らの体の一部を切断したいと考え、四肢切断者に対して憧れを抱く【四肢切断願望者】と呼ばれる人達である。一方、そうした四肢切断した人を愛することに喜びを感じる人もいるというのだから驚きだ。

だが、こうした当事者同士で利害関係が成り立ってしまうということも、また事実なのだろう。

人間には、異常性欲のうち性行為およびその対象が異常であるサディズム・マゾヒズム・露出症・小児性愛・近親相姦・獣姦…果ては四肢切断のような異常性を持った性的倒錯(せいてきとうさく)という精神疾患を持つ人たちが存在しているという事実がある。

つまり一般的な性道徳や社会通念から外れた性的嗜好の人たちを指すワケだが…しかし、当人にとっても自分の性的嗜好によって、心的な葛藤や苦痛を持ち、健康な生活を送ることが困難になってしまう場合もある。人生における困難に加えて、その周囲の人々、交際相手や、所属する地域社会などにおいて、他の人々の健全な生活に対し問題を引き起こし、社会的に受け入れがたい行動等を抑制できないことになってしまうからだ。

白石隆浩(たかひろ)容疑者(27)の最初の動機が何であったかはまだ定かではないものの、性的倒錯(せいてきとうさく)という精神疾患を持つ人たちがいて、その反対側に自殺願望者たちのような人たちが存在する限り彼らの間での利害関係を断ち切ることは難しいのだろう。

またこの問題は性的倒錯(せいてきとうさく)という精神疾患や白石隆浩(たかひろ)容疑者(27)個人だけでなく、今の社会にこそその問題があるのだろう。自殺を望む多くの若者が存在する実態と、そしてソレを同調するかのようなネット媒体…この関係性が無くならない限り、また同じような犯罪が起きてしまう可能性があるのだ。

まるで人間の心の闇を映し出したような事件で、今の世の中を映し出しているような感じさえする。

template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます