[投稿者]by:由(ゆかり)_φ(^▽^*)

FYA_image_y06


やがて一緒に働いてた人たちも異変に気付くようになり。会社に迷惑をかけたくないこともあり、わたしは他の仕事を探そうと決めた。前夜に自分の気持ちを手紙を書き翌日わたしは社長と上司の女性に手渡した。

その日、帰社してから社長と上司の3人で食事をしながら話すことになり。
2人とも引き止めてくれたんだけれど、わたしは転職したいことを告げた。

それから社長の好意で2日ほど休みをもらい、先に職安へ行き次の仕事を探した。おかげで7月から近くの会社で事務員として働くことが決まり。わたしは6月末近くまで幼児教材の営業販売を続けさせてもらうことができた。

でも7月から行くことが決まった会社は、正直…余り気乗りがしなかった。オジサンと奥さんと事務員だけという小さなところで、その事務員さんが辞め。わたしが代わりに行くことが決まったんだけれど、ちょっとエロおやじで(^^;;

正直、決まったものの迷いのほうが強くて…けど母子家庭だったので働かないと娘と暮らしていけないってこともあり。自分で自分を納得させるしかないのかも…と思ってた、そんな時だった。

ある日の晩…娘が通いはじめた保育園で同じクラスで子ども同士が仲の良い男の子の母親で、そのお母さんとも親しくしていたんだけれど、そのお母さんから電話がかかってきた。

彼女の話によると頼みたいことがあるので明日、保育園のお迎えの前に家に寄ってもらえないかと…翌日、彼女も同じ団地の別の棟に住んでいたので、わたしは早めに彼女の元へ出向き…そして本当に驚くような話を聴くことになった。


ともだ
実は、うちのダンナが交通事故にあって入院中なんよ
わたし「えっ、そうなん…大丈夫なん?」
すると彼女が…うん先月バイクに乗っててね、そこの〇〇交差点で…」

わたしは、そこまで聞くと「あれって、ご主人やったん?」と聞き返した。
彼女もビックリしたようにえっ田〇さん知ってたん?」と…

わたしは、「大きな音がしてベランダから見たら交差点でバイクと人が倒れてて。
救急車に電話した…」という経緯を彼女に話した。

ともだちそうやったんや…今、〇〇の〇〇病院に入院中なんよ
そこは、かなり遠い病院だけど、高度医療で有名な病院だった。

でね、まだ何ヶ月か、かかるらしくて…」そう話すと、わたしに向かって頼みがあると切り出してきた。

彼女の話によると夏休みの間だけ近くの〇の浄水場で、事務員として毎年アルバイトに行ってたらしいのだけど、代わりに行ってもらえないかと…そのバイトは約2ヶ月間だけだけど時給はいいからとのことだった。

わたしは決まっていた会社に行くのを、やっぱり辞めようかと思っていたときだったし。時給のよさもあり、まだ正式に会社へ行く前だったこともあって…彼女の代わりにアルバイトへ行くことを引き受けることにした。


そして、わたしはそのアルバイト先で…今の主人と出逢うことになる。

template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます