[投稿者]by:由(ゆかり)_φ(^▽^*)

newimage_4


わたしにとって福(ふく)ちゃんとの出逢いは自分の人生観や生き方を大きく変えるものだった。

子供の頃から不思議なものに興味関心はあったものの、何か霊的なモノが見えるとかそうした経験をしたとかっていうことはまったくなく。まさか自分が霊媒体質になり、霊的存在と関わるようになろうとは夢にも想っていなかったので・・・ホント不思議。

わたしが霊媒体質になったのは22歳の頃。ある出来事がキッカケで、たぶんそうした体質に変わったんだと想う。その後に出逢った福(ふく)ちゃんとの関係性を考えたら、キッカケとなった出来事も含めて必然的だったんだろな!?と今は思ってる。ちなみに福(ふく)ちゃんと出逢ったのは5年後の27歳の時。
わたしの場合は霊媒体質なので早い話が憑依されるってタイプ。感じることはあるが、見えたりはしない。きっと視えるタイプだったら生きてないかも・・・ってぐらいの怖い体験はしている。

最初の頃は自分でコントロールできなかったので、未浄化霊や時にはとんでもなく恐ろしい存在にまで憑かれたりしたこともあったが、ある時「自分を守るためには、自分自身が人間的にも霊的にも進化成長していくしかない」ということに気づき、徐々に低級霊に憑依されることはなくなっていった。

こうした霊的なことも、また違った意味で人から理解されにくいところがあり。わたしも親兄弟からも「頭がオカシクなったんとちゃうか!?」とか、それによって友達も離れていったりもした。

そしてわたし自身、自分でもオカシクなったんじゃないか!?って想った時期もあった。

特に、わたしの場合・・・福(ふく)ちゃんとの相性がヨカッタ(笑)らしく、視ていただいた霊能者さんによると完全に一体化してる状態だったようで。普通はズレて視えるらしい。それと男性には男性の、女性には女性の霊が憑きやすいらしい。

わたしの場合は、何人か視てもらった霊能者ミンナに「この人はアナタを守ってくれるようになる」とか「ムリに出したりしない方がいい」とか云われたこともあって、伴に生きる道を選んだ。

でも実際、福(ふく)ちゃんにはホント守ってもらっている。
ホントいろんなこと一緒に伴に学び伴に進みながら伴に歩いてるって感じ。

わたしは生前の福(ふく)ちゃんを、まったく知らないので・・・実際にどんな人だったのかは知らないけど、不思議なことに、そんなとまったく気にならない(笑)なんだろ男性とか人とかって以前に、同じ魂を持つ霊的存在として受け入れられたからかもしれないし、ツインソウルだからかもしれない。

そのツインソウルだってことにも、これまた不思議なことに互いに直感とでもいうのかよくワカラナイけど、ワカッタ。なんなんだろ!?

きっと、わたしたち自身というより魂同士がワカッテルんだろなと思う。

稲川淳二さんとかは、霊は怖いもの恐ろしいもの・・・みたいな感じで伝えているが、わたしはまったくそうは思わない。もちろん怖い存在はいる。でも、それは人間も同様だからね。わたしにとったら人間のほうが怖いかな!?なぜかというと霊は凄く正直で素直だから。

自分自身を偽ったり誤魔化したりできなくなるというのか!?ありのまんま。

福(ふく)ちゃんが云ってた。『生きてるうちに気づけるのと、死んでから気づくのとでは全然ちゃう。オレは死んでから気づいたけれど、やっぱ生きてるうちに気づくべきことには気づけるほうがええんやで』と・・・

わたしもホントそう思う。

自殺した女性の霊とかからも話を聴いたことがあるけど、長いことさ迷っていることに疲れたと話してた。彼女は自分がいつ死んだのかも忘れるほどさ迷っていたみたいで。向こうの世界にも逝けず・・・ずっとずっと、さまよい続けていたと話してた。

中には定期的に、わたしのところへやってくる霊もいた。彼女は、わたし以外の同じような人のところと行ったり来たりしてると話してた。その人も自ら命を絶ったと話してくた。みんな、わたしたちと同じように悩み苦しみ生きていた人たちだったんだよね。

わたしは稲川さんが話すような話は好きでないので聞いたりしないけど、もし自分が死んだとして誰かが怪談話のように自分のことを話しているのを知ってしまったら・・・と考えると、そうした話をすること自体がまた別の霊的存在を引き寄せてしまうので、次から次へと怖い体験をしてしまうのかも!?と想ったりしてる。

現在は憑依されたりすることも無くなり。けどまったくゼロということではないと想ってる。霊媒体質ってことには変わりないだろうと自分では思っているので・・・だけど、知らないうちに憑依されてたなんてことは今はない。

まぁそこに行き着くまでには、様々な経験はしたけどね。今となったら、それも必要な経験で簡単には経験できないことを経験させてもらえた貴重なモノになってるかな。

1つ云えるのは死んでも肉体的な痛みからは解放されたとしても、精神的な痛みから解放されることはないってこと。わたしは、そのことを自分に憑依した霊たちから身を持って教えてもらった。

生きていると様々なカタチで味わうpain(痛み)・・・時には、そのpain(痛み)に負けそうになり、その苦痛から逃れたくなることもあるかもしれない。だけど、たとえカラダのpain(痛み)からは解放されたとしても、心の中には別の苦しみというpain(痛み)が生まれてきてしまうのかもしれない。

それに、そのpain(痛み)が永遠に本当に続いていくのか!?それは誰にもワカラナイけれど。自ら命を絶ってしまったら、その苦しみから逃れることはpain(痛み)の苦しみより遥かに大きいのかもしれない。わたしは、自ら命を絶ったという数人の女性の霊から、そうしたことを教えてもらった気がしている。

template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます