[投稿者]by:Yukkii_φ(^▽^*)

母親の存在

Akkiiの記事を読んでいて、やっぱり…わたしが感じ取っていたことが真実に近い出来事だったんじゃないのかな!?って正直、感じたよ。

特に次の言葉がスゴク引っかかった。『それと同時くらいにわたしがまだ3歳か4歳くらいやったかな。お母さんが車の中で泣いている感じやったからわたしは「お母さん、どうしたん?」って訊いたら、わたしのうっすらした記憶でしかないんやけど・・・「子供のあんたには解らないわ。どっか行って」って感じのことを言っていたような感じがする・・・

もし、お母さんに当時または、その以前にわたしがSkypeでAkkiiに話したような出来事が身に降りかかっていたのだとしたら…それは子供には話せないよね。そして、自分の家族や身内にも知られたくないと思って当然だと思うわ。

それから『数日前の日記に「Fukkiiが遠い目をして遠くを見てるような感じの時、Fukkiiは違うのに冷めたような感じ....何故か身動き取れなくて固まる感じになる....Fukkiiではなくて、違う人でそういう場面があったんかもしれない.........そこは何でかよく解らない.......」って書いたのだけど、この事がお母さんとの事とリンクした感じがして、お母さんが言ったことと関係があるのかもしれない。』このこと。

もちろんFukkiiは今は亡くなっているワケだから、Akkiiが見ていたのはわたしの姿だったワケだけれども、その雰囲気はAkkiiにはFukkiiとして映っていたんだと思うよ。Akkiiも感じる派だからねw

じゃあ仮に、ソレがAkkiiの母親であるお母さんの姿として捉えた場合どうなんやろね!?

そんな感じだったお母さんの姿や雰囲気を、自分自身が成長していく過程の中で目にしてきた事が何度となくあったのだとすれば、あの時にFukkiiから感じたモノに凄く自分自身が反応してしまったことも少しは納得いく部分もあるんじゃないかしら!?


わたしはAkkiiと違ってFukkiiと長く一緒にいることで、自分が受信器だという自覚があるので今は本当に意識があっても自分の思考や気持ちだけで動くってことが余りないんよね。特に想いに繋がっていくようなことに関しては、そうした傾向があると自分でも感じるよ。

だからN先生の件にしても何処からか前世の記憶と混在してきていることに、自分自身が気づけるまでに至らないまま21日㈮を迎えることになったんじゃないかなって、今になると思うわ(苦笑)

それが良いとは思っていない。だって、わたし自身は生きているんだからね。現世という物質界に今は存在しているのだから、霊的観点ばかりから物事を視過ぎてしまうのも好ましいことではないんだって今回のことで気づかせてもらえたんで。


Akkiiが、もしお母さんの立場だったとして…わたしがSkypeで話したような出来事が本当に身に降りかかった事実があったとしたら!?そう想像して向き合って視ることも必要なのかもしれないよね。そして、それが仮にだけれど…事実だったとした場合。

Akkiiが成長していく中での、お母さんの言動を思い起こし、Akkiiが離婚するまでにあった見られたくなかった出来事、言われたくなかった話、そうしたことも思い出しながら自分自身がお母さんの気持ちななって考えた場合、何か視えてくるものってないのかな!?

お母さんは強く見えるけれど、わたしは本当はそうじゃないって感じてるよ。それは本当の強さではなくて、何かに対する怒りや悲しみ苦しみ辛さ孤独感や失望感…それは本当に闇を感じさせるぐらいのモノなのかもしれない。

けど、そうしたモノを抱えて生きていかなくてはならなかったとすれば…そのエネルギーを別の何かに変換していかないと人は自分を維持しきれなくなる感じがするんだよね。

それが強さだったり時には冷たさに変わったりもしたのだとすれば…


人には今の自分自身が抱えたモノと、今回のわたしのように前世から引きずってきているモノと両方が在ったりする。前世の中で成就できてないからこそ、まぁ現世まで引きずって持ち越してきてるワケなんだけれど…

でも逆に捉えれば、Fukkiiが云ってるように今の自分の中にも未消化のままにしてしまう何かがあったりすると、それが魂の中に残ってしまうことにも成りかねないので、やっぱり苦しくてもちゃんと向き合って乗り越えていくことが大事なのかな…と、わたしは思うよ。

あなた自身も傷つき孤独感とか色々な気持ちや想いを抱いて生きてきているんだろうけれど、それはお母さんだって同じなんじゃないんかな!?

人には云えないこともあるし、あってもいいんやろね…

わたしも自分が云ってしまう方なんだけれど、けど…そうじゃない人たちだっているし、それが悪いワケでも間違ってることでもない。

大切なのは自分と同じように考えたり想ってしまうことの方が、相手の気持ちや想いを蔑ろにしてしまってる部分もあったりして、そこに気づけないままでいることが「どうなのよ!?」って自分自身が感じ取って思えるか!?なのかもしれないよね。

わたしは自分自身そこの部分が、まだまだ不足していることがあって…今回のことでも、それを自分自身で強く実感させてもらえたって思ってる。これも要は、バランスなんよね。


まぁ、この投稿を読んでAkkii自身が何か感じる・感じてくるモノがあったらいいかな!?って、今わたしは思いながら書いてるよ。それじゃ、また晩にね(^-^)


応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 恋愛ブログへ

(*´v`*)ありがとうございます