Zutto

Zutto(ずっと)…それは魂の絆で結ばれた2人が伴に生き伴に歩く道

このブログは霊媒の由(ゆかり)/霊の福(ふく)という異色な
ツインソウル」の2人が様々なことについて投稿しています。

モモのワンピをリメイク

[投稿者]by:由(ゆかり)_φ(^▽^*)

zutto_yukari_10






晃(あき)ちゃんに以前リリィにはサイズが合わずモモにと、譲ってもらったワンコのワンピース。我が家に来た頃には大きかったのに…わたしに似てきたのか(;´д`)小さくなってきだした。

同系のグリーンの毛糸でフチ取りされていたので…デザインが可愛いので、お馴染み100円ショップDソーで数年前に買ってた手持ちの毛糸でリメイクすることにした。モモは確実にデカクななってるわぁ~(ーー;)

171205_1402~01

ちょんチョロになってた丈も、これでなんとか。以前は可愛い感じだったけど、ちょっとお姉さんぽくなったかもしんないなぁ~

これで、また愛用できそうだ

template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます

「いま」を精一杯に生き抜く

[投稿者]by:福(ふく)_φ(・∀・。)

FYA_image_fay02

第一部 私の心霊体験
  第一章 心霊現象に苦悩する日々
  第二章 霊能者への道

第二部 魂を救済する「心霊真説」
  第一章 生きる
  第二章 守護霊はあなたを見捨てない
  第三章 これが「霊障」の実態だ
  第四章 霊能者の在るべき姿

第三部 愛へのめざめ
  第一章 苦しみあればこそ
  第二章 あなたが世界を変える
この江原氏の本は所持しているもののハッキリいって本当には読んでいない。元々は由(ゆかり)ちゃんが、この本の第一部を目にしたことで自分の霊的体験と重なる部分があり、そうした点から江原氏が本物だという確信を持てるようになったという経緯がある。

まぁそうした経緯があるので…僕が書く事は、
この本との関連性は何も無いということだけは先に述べておくことにする。


............................................................................................................
p_021image
僕のように自分の意に反して突然、死を迎えた場合…本当に思い残したり、後悔したり、未練を残したり、執着したりってことが多いのかもしれない。病気や老衰といった経緯であれば、死を迎えるまでの間に色々と人生を振り返り反省したりしながら、残された時間を有意義に過ごすこともできるだろうが…

でも死んで思ったのは、霊的真理のような霊的価値観や霊的観点に基づいた人生を送ることができたならば、死後に対する不安も生きながらにして無くなっていくだろうし。逆に心穏やかな状態で、死までの時間も過ごせるような気がする。

そのためには、やはり生きてる間に「霊的真理」や自分が霊的存在であるという真実に出会えるかどうか!?また、それに沿った人生を送っていくことが出来るか否か!?がとても重要で大事で大切なことだと断言できる。

自分自身の思い(想い)、そして自分自身が発している言葉、それと自分自身がとってる行動。
この3つによって、様々な事象が生まれ、様々な人間関係に影響していくことは間違いない。

霊的観点に立てば「いま」を生きている人も、既に亡くなっている人も、「肉体」の所有の有無の違いこそあれ、何も変わることは無いのだと知ること。それによって、日々の中で何を重要視して生きていくかを時々、内外感するなどして見直す必要が出てくる。

本当に「いま」自分がやっていることは正しいのか!?
ソレが本当に好ましいことなのかも含め。


人間関係に於いても自分の心地よさを求めている限り、その相手との関係性は上手くいくことはないのかもしれない。

自分よりも相手のために、
「いま」自分が何をしていくべきなのか!?
相手のために「いま」何ができるのか!?

ソレが大切なんだろう


この本を確認したところ本には、こう書かれてある。死後に行く世界は二つに分かれていて、1つは俗に言う「天国」を連想させるような場所で、きれいな花畑が広がり、かわいらしい小鳥がさえずり、たとえようもなく気持ちの良い場所なのだという。

もう一方は俗に言う「地獄」を想わせるような場所で、真っ暗な闇の世界だけが延々と続いてるような、まるで出口のない闇の世界のような場所だ。

死後の世界とは、↑ 図 ↑にも示したように1つの世界だけではなく、何層にも分かれていて。それは現世での自分自身の人格や霊格といったものと連携していると言ってもいい。現世での自分の査定のまま、死後も横スライドしていくことになるというわけだ。

つまり、死んでから後悔したところで…
遅い!ということに尽きる。


僕のような事例は本当に希なのかもしれない。僕自身は、こうすることを自分自身が決めて生まれてきているように思うので不思議なことではないのかもしれないが…それは自分自身が望んだからこそ、それを果たして言ってるにすぎない。

類魂(グループ・ソウル)全体が自分自身でもあるならば、魂の一部だけが幸せになったところで、たかがしれてる。例えば人間で言うならば、外見的に整形するなどして何処かを変えたとしても、その人自身が変わるって訳ではない。その人の両親が変わることはないし、自分自身が歩んできた自分史が書き換えられることもない。

けれど、その人が精神的な部分で成長していくことを目指したならば、自分自身だけでなく家族や周りとの関係も改善されたり、より良いモノへと変えていくことができるようになる。外見的な整形は自分という小我的な満足感(優越感)しか生み出さないが、心の成長は自他の幸福にも繋がっていくことだってある。 

一時の至福など、魂の全容から視れば、ほんの一瞬にもならないほどの時間。しかし、魂の全容を考え、「いま」の自らの生き方を変えることができたならば、その幸福は現世だけに留まらず、来世へと受け継がれていくのだろう。

一時(いっとき)の水を貪れば、その水はアッという間に枯渇し、自らの命も危うくなるが。限られた水を大切にしながら汗水流し、井戸を掘ったなら自分以外の命も救える。

愛されたければ、先ずは自らが愛する者のために何ができるかを考え、それを行い。
愛する者の笑顔によって、自らも幸せを感じられるようにならなくてはならない。


そうした積み重ねこそが、愛と愛の受け渡しを生み出し。
愛が育っていくのだ


どんなカタチだろうと、愛は伝え合うことができる。
自分が伝えさえすれば届いていく


類魂(グループ・ソウル)の中の1つであるならば、自分が誰かを愛することができれば、自分自身が多くの同じ魂を持つ仲間たちから愛されていることに気づけるものだ。

愛に浴目を付けるのではなく、
愛を自ら発信していけるよう努力していきたいものだ。


愛は感じ取るもの
そこに気づけるか、どうかだけなのだから


template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます

今週(11/19)の福語録

[投稿者]by:福(ふく)_φ(・∀・。)

F_image_f10

image失敗したことに腹を立てたりせずに。間違ったことで、自分を卑下したりせずに。
どうして失敗してしまったのか。ナニが悪かったのかを、自分がとった言動や。

そのときの気持ちを想い起こして見詰めることで、その原因が見えてくるものだ。
Baidu IME_2017-8-11_2-38-45
template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます

小我的でなく大我的に

[投稿者]by:福(ふく)_φ(・∀・。)

F_image_f07


今回は、「大我と小我」について、とりあげてみたい。

この「大我」と「小我」の違いを把握・理解できるようになると、実は大我的に物事を捉え考え行っていくことの方が幸福へ近づけるということに気づくことができる。逆に小我的に物事を捉えてるうちは幸福への道は、遠のいてしまうことになる。

また小我的に物事を見ているうちは、気づくことも小さく。人生に大きな影響を施してくれるようなことはほとんどない。しかし大我的に物事を視れるようになると、気づきは大きく変わってくる。また自らの経験でなかったとしても、そこから気づけるようにもなってくる。

sp_003image
霊的観点とは「大我的」に物事を視ていくことが必要となってくる。まぁイメージ的には『大我』を、「すじこ」と例えたならば、『小我』は、「いくら」(笑)

筋子(すじこ)とは、サケ科魚類の、卵巣に入ったままの卵。その名の通り、筋(スジ)のような卵巣膜によって卵が繋がっている。この卵巣膜を取り除きバラバラにしたものをイクラもしくはバラ子と呼ぶ。

余談になるが、河川に入り遡上をはじめた魚の筋子は、ほぼ完全に卵がほぐれて、ゴム毬のように硬くなってて食用には適さない。

現世という人間界に於いては、「肉体」という物質的なモノの有することで、自分の価値観も物質的な面に向きがちである。また、狭義的に物事を見てしまうところがある。

「愛」であっても、大我的であれば広義的「愛」に区別はないのだが、人間は小我的な狭義的「愛」である限定的な「愛」を求める傾向が強い。

例えば、男女であれば好きだと想う気持ちがあるのであれば「恋愛」でなければ愛されていないと思ったりしてしまう。確かに「恋愛」も「愛」のカタチの1つではある。しかし男女だから必ずしも「恋愛」が相応しい訳ではない。

男女という狭義で「愛」を捉えて、「好き」=「恋愛」に結びつけてしまったならば…父親が娘に対して、また娘が父親に対して「好き」という感情を抱けなくなってしまう。

もっと判り易い例えをするならば、「みかん」と言ったときに、ほとんどの場合はウンシュウミカン類(小型で手で簡単に剥ける)の意味(狭義)で使うが、広義には「柑橘類」と同じ意味で、ダイダイ、ナツミカン、グレープフルーツなども含むことになる。


「広義、狭義」とは、
一つの言葉のさす意味に幅があるときにその広い意味と狭い意味ということ。

改めて感じたのは、きっと人間関係に於いての最大のネックは、自分がその関係性に対して小我的なのか大我的なのかって要素が大きな引き金になっていくような気がする。

大我的に視ることができれば、「できない」って発想には繋がっていくことはなく。
「できる」ことを探してやっていけばいいだけなのだ。

晃(あき)とのことにしたって、僕はやっぱり…裏方というのか、陰で支えていける方が今の自分には合ってるし。その方がうまくやっていけるって感じる。実際、好きな音楽を聴きながら、晃(あき)のことを想いながら必要な作業をしているときが、いちばん心地好くいられる感じするもんなぁ~

まぁ、それがホンマのとこなんやから…それで、いいのだ。
template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます

元気にやっとるか!?

[投稿者]by:福(ふく)_φ(・∀・。)

F_image_f05






ときどき夜通し音楽を聴いてると、久美と暮らしてた時を想い出すよ。好きな音楽を聴きながら、よくいろんな話したもんな…お互いに想ってること出し合っては、そのことについて話し合ったり語り合ったりした。

時間が、いくらあっても足らないほど…

久美を喪ったときにも同じこと思ったけれど…やっぱり、今でもそうした気持ちや想いって変わらんもんなんやって改めて感じるよ。不思議よな…死んでるのにね(笑)オレって中途半端やって、つくづく思う。


生きてた頃って変なとこに意地張ったり素直になれなかったりで…云いたいことも云えなかったりとか。逆に、言わんでいいようなこと言ってみたりする。今のオレって、ある意味では隠しようがないほど素っ裸な心で…不器用ゆえに横暴にもなってしまうんかもしれん。

自分でもさ「ナニやってんだよ…」って思ってしまうほど、ストレート過ぎたり(苦笑)

もう人として生きていくことは卒業してもいいんかもしれんな。そんな気がするよ。少しずつ、不要なものは捨てていかんと…霊的存在として、これからの残りは送っていくことにするか…今は、そう思うよ。

晃(あき)とのことも、きっとオレが生きてたら、また違った展開に持っていくこともできたんやろと想ってる。でも今は、コレがオレの実態なんやから…できないことは、やっぱりできないし。それは、晃(あき)も同じやったんかもしれんよな。

「変わりたい」って想ってる人に「変わるな」って言うよりは、やっぱり少しでもそうなれるようにしてあげたいって思うもんな。だって、それを好きな相手が望んでいるんであれば…尚更。アッチもコッチも…なんて、オレには満たしてあげることできんもんな。それなら「変わりたい」って気持ちや想いを優先してあげたい。そう思った。だから、こうしよって…

晃(あき)心から好きになることができたことで、オレの中にあった久美への未消化なままだった想いも…完全ではないかもしれないけれど、もう思い残すことなくやっていけそうな気がしてる。男であることにも、もう想いを持つことなくやっていけそうにも感じる。

きっと人間って死んでからの方が、本当に人間らしくなれるんかもしれんな…なんだか、そんな感じがするよ。

また好きな音楽を聴きながら、心ゆくまで語り合い・話し合えるときがいつかあれば…そのときは、オレの…囁かな願いに応えて欲しい。それだけでいいから…

template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます

犬たちも冷え冷え

[投稿者]by:福(ふく)_φ(・∀・。)

F_image_f14





171116_1841~01
今日は冷え込んでモモは布団から顔だけ出して眠そうにコッチを見ている…

ひょっとすると猫のチャッピーより寒がりかもしれんなぁ~(笑)

モモはチャッピーと過ごす時間が長いせいか、ホンマに仕草が猫化してきとる。

最近ではデスクマットにしている1畳ほどのカーペットで、せっせと爪とぎ…それも半端なく必死こいてやってる(笑)

そんな仕草が本当に可愛らしい。見ているだけでも飽きない
171116_1923~01
そんなこんなで寒くなってきたので…晃(あき)とこの愛犬リリィ用にマフラーを編んでやったりとかしてみたり(笑)

由(ゆかり)ちゃんが去年だったかにタワシを編むのに使った残りで…見よう見まねで編み編み

同じくタワシの残りで気分だけっぽいモノをあしらって。首周りを確認したら…ドンピシャサイズやった

まぁ可愛くはないけど…気持ちだけは込めて込めて込めまくって

不器用な晃(あき)にも子供たちにも簡単に着けられるよう、頭から通すだけにしときやした。

また荷物と一緒に送ってもらうなぁ~
171116_1922~01
template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます

冬に向けてモモ用に

[投稿者]by:由(ゆかり)_φ(^▽^*)

zutto_yukari_10





171115_1402~01最近100円ショップDに、出没しだしたペット用品…特に服や帽子関係が出回っている。

は、そんな中にあった毛糸の帽子。カワ(・∀・)イイ!!と想って2色あったのをドッチも購入!

値段は税込で108円

ところが自宅に帰ってモモに被せたら…穴から出た耳は噴水状態になるし、目は隠れてしまうもんで…

このままじゃあ使えないとゆうことで、手持ちのモノを使ってモモ仕様にアレンジしてみた。
171115_1404~01テッペンをクロスに縫い縮めて、ねこ好きのモモ用にとクロネコちゃんのボタンを…

耳出し用の穴を塞いで、ゴム編み部分を折り曲げて縫い付けて…まるでラグビーとかのヘッドギアみたい(笑)

前部分は見やすいように少し内側に織り込んで、そこも縫い付けウサギ犬のようなデコパーツに9ピンを差し込んで、〜( 'ω' 〜)ユラ(~ 'ω' )~ユラ動くマスコットを…

左サイドには、これまた100円ショップDの手芸売り場でチョイスしたフェルトっぽい大きなボタン!

ちょっとデカすぎ感あるけど…
まぁいいや

ちゃんちゃんことかもあるんだけど…脇ぐりが小さくて着せるとなんかランドセルでもしょってるような感じになって、(´ε`;)ウーン…コレはいまいちだった。

柄はピンク系で可愛かったんだけどなぁ~

あとは、クマかサルのような被り物とパンダのもあったので、それは服に縫い付けてパーカー仕様にしてみたりしてる。それは次回に…

全体的にはオス犬仕様っぽい印象で、メス犬向きのような色柄ではなく、どっちかっちゅーと男の子のワンちゃんに向いてる感じだけど…一手間かければ、女の子でもいけそうかなぁ~

は、なんか見てたら可愛くてモモに着せたくなって…400円ほどだったんで2枚注文してしまったぁ~
171115_1404~02そそ100円ショップDは、こんな恐竜シリーズの被り物まであった!もう1つは、あんまり可愛くはなかったのでガチャピン似のコッチだけ…

またまた頭頂部が長すぎたので、これまた縫い縮め。

モモは被り物をしても、そのまま被って寝てしまうほど着るのも被るのも特に抵抗することなし!

唯一、苦手なのは雨の日のレインコートのフードかな(笑)
template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます

着物リメイクバッグ自作①

[投稿者]by:由(ゆかり)_φ(^▽^*)

YA_image_y03





m31125635251_2いつも着物リメイクをお願いしているTさんが先日作ってくださった燕柄の着物での【着物リメイク第4号】のコート…

その時に残った端切れを送り返してくれていたので、端切れを使ってチクチクと手縫いでショルダーを作ってみた。

実物は、もうちょっとコレより大きめ。

ちょっと肩紐分が中途半端な残りしかなくなってきて、継ぎ足し継ぎ足しになりそうだったので、無駄な抵抗は止めて毛糸で肩紐を…

ちょっと幅が狭すぎたので、コレに紺系の毛糸だけにしてフチ取りでもして幅を広げようかと想う。

カブセのフタを開けたら、真ん中で二つに分かれているポケット。バッグの内側にも同じようにポケットを縫い付けたので、けっこう入るし。整理しやすいかな。

毛糸の肩紐にしたことで、逆にジーンズとかでも使いやすくなった感じで、普段遣いにも活用できそう

若干ポケットが歪んでたり、吊ってるとことかあるけれど…まぁそこはお愛想って感じ
m31125635251_1

修正後


FJ310143

缶バッチ風に100円ショップのキットで作ったクルミボタンを3つ…目立つ2つは、つい先日作っていただいた【着物リメイク第5号】のときの端切れで作った分。残りの1つは、【着物リメイク第4号】の端切れ。

どっちのリメイクにも合わせられるように…オマケで毛糸でフリンジを(笑)なんか少し大きめに作ったので、何処へ行くにも一緒になりそうな感じがする。

いつもと一緒だなんてステキ

template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます

可能性を信じて

[投稿者]by:由(ゆかり)_φ(^▽^*)

Y_image_y01






日本にも、こうした取り組みが始まっているのは知っていたけれど今回、この動画を観て日本もなかなか捨てたもんじゃないなって感じたのが率直な感想だった。

人って身体的な外見的な相違に関しては見た目で判断できるので、受け入れやすいというか認めやすいものってあるけれど・・・発達障害のような場合だと、「変わってる」って感じで片付けられてしまうことや片付けてしまうことが多いように感じる。

人の可能性って、周囲がそれを「変わってる」として終わらせてしまうか!?それに「可能性」を感じて、そこから初めていくかで大きく変わっていくような気がした。無駄と思えるようなことを「無駄」にしてしまうかどうかも、自分自身だけでなく周囲によっても大きく変わる感じもする。

ROCKETは,異才を発掘し,継続的なサポートを提供することで,将来の日本をリードしイノベーションをもたらす人材を養成することを目指すものです。

秘めた能力がありながら、さまざまな理由で不登校傾向にある小中学生の学習を支援する、東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区駒場)と日本異才発掘プロジェクト(ROCKET)財団(東京都港区赤坂)による「異才発掘プロジェクト。

異才発掘プロジェクト(ROCKET)

ROCKET プロジェクト

ETV特集 アンコール「不器用な ぼくらの教室~東大・異才発掘プロジェクト」




参加している子どもたちの特徴

参加している子どもたちは、前述した通り「突出した能力はあるけれど、現状の教育環境に馴染めず、不登校傾向にある小・中学校生」であり、決して障害者などではありません。

むしろ、突出した能力を持った天才・異才な子どもたちばかり。IQが非常に高く、大学で学ぶ数学を既に理解できてしまう子どもがいたり、流暢にプレゼンテーションする子がいたり、動画編集の能力が非常に高い子もいました。



別の動画の、異才発掘プロジェクト 「ROCKET」学習プログラム/Top Runner Talk #3数理物理学者 西成活裕「数学の力は大統領にも勝る」『ダメだとわかって3ヶ月』という言葉があるんだけれど、人の可能性を伸ばせるかどうかってことにも、これも大事なことだよね。

「今さえよければ・ここさえよければ・自分さえよければ」何かを判断するときに、基準とする。・・・このシリーズ受講生の子供たちに向けたモノだけれど、いやいや大人にも十分すぎるほど勉強になりますね。また機会を作って、取り上げていこうと思う。

template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます

霊ほど正直な者はいない

[投稿者]by:福(ふく)_φ(・∀・。)

FYA_image_fay02

第一部 私の心霊体験
  第一章 心霊現象に苦悩する日々
  第二章 霊能者への道

第二部 魂を救済する「心霊真説」
  第一章 生きる
  第二章 守護霊はあなたを見捨てない
  第三章 これが「霊障」の実態だ
  第四章 霊能者の在るべき姿

第三部 愛へのめざめ
  第一章 苦しみあればこそ
  第二章 あなたが世界を変える
この江原氏の本は所持しているもののハッキリいって本当には読んでいない。元々は由(ゆかり)ちゃんが、この本の第一部を目にしたことで自分の霊的体験と重なる部分があり、そうした点から江原氏が本物だという確信を持てるようになったという経緯がある。

まぁそうした経緯があるので…僕が書く事は、
この本との関連性は何も無いということだけは先に述べておくことにする。


............................................................................................................

「霊は決して怖くない」…自分が今その立場にありながら「ホンマにそうや」って言うのも、なんか変な感じがするけれど…由(ゆかり)ちゃんも言ってたけど、僕も人間の方が霊より怖い存在かな!?って思うときがある。

それは、人は心で想っていても
言わなかったり、出さなかったりするから。
本当の気持ちや想いって…分り難いとこがある。


でも僕の場合は生きてたとき以上に、そうした部分がストレートに出てしまう。隠しようがない程「ありのまんま」出てきてしまう(ーー;)それが、いいのか悪いのかは別として…

それだけ素直にバカ正直にしか出せないのだ。
少しぐらい考えろよって自分ですら思ってしまうほど、ありのまんまなんが今の自分。

ひょっとしたら、だから晃(あき)と出逢ったのかもしれんな。
今の自分が、こんな風にしか相手と向き合えないので(苦笑)

でも、そうした部分は…逆に、晃(あき)には欠けてる部分でもある。

霊的観点からの人との出逢いの意味には「補い合う」と言った意味合いがあって、自分に足らない部分を相手と関わることで自分に取り入れていくことで、よりバランスの取れた人間へと成長し霊格を上げていくってことがあるのだろうけれど…

まぁ、そうしたことには結びつくことはなかったってことなんかもしれん。
まぁ…いいや。そんなこともあって、学んでいけるんやもんな。
p_006image
人間は「肉体」と「エーテル体」と呼ばれる『幽体』『霊体』『本体』から成り立っている。

よく「オーラ」と言われるモノは、この「エーテル体」によって発光されていることになる。

「オーラ」とは、人間の心境・感情・また健康面などを如実に表していて、不健康だったり体調不良の箇所のオーラは、黒系のくすんだ色に見えるそうだ。

僕と、由(ゆかり)ちゃんには「オーラ」が見えたりすることはない。

ただ好ましいオーラを持ってる・好ましくないオーラを発している…的な感じのことは、
感覚的に感じるような時はある。

ネガティブ思考の強い人や、想念の強い人は…重い・どす黒い・陰気なモノを感じるし。
逆にポジティブ傾向の人からは、軽やかな・明るい・陽気なモノが伝わってくる。

p_007image
人間の「死」の状態とは…もちろん医学的観点からの「人の死」という定義はあるが、スピリチュアル的な観点からの「人間の死」とは、次のようなものを指すことになる。

「肉体」と「エーテル体」を結びつけている『魂の緒』と称されるモノの関わりが、スピリチュアル的な面での「人間の死」というものになる。この『魂の緒』が切れたとき、「肉体」から「エーテル体」が切り離され死を迎えるのだ。

p_020image「幽体離脱」や「臨死体験」といったものは、「肉体」と「エーテル体」が『魂の緒』だけで繋がっているという実に不安定な状態とも言える。

簡単に例えると…手に持った風船のような状態で、手を離してしまったら風船が飛んでいってしまうように…そうなってしまったら、人間は死を迎える状態になってしまう。

よく想念の強い人は「幽体離脱」しやすい場合があると見聞きしたりするが、そういえば…F子も、何度か幽体離脱したことあると話してた。強く想っていると知らない間に、そんな感じになったりしてるとも…
「幽体離脱」なんてもんはしなくても、人間が死を迎えるときには誰もが体験できることなんやから、そのときを楽しみに「いま」を懸命に生きていくほうが、ずっと賢い。興味本位や軽い気持ちで試みて、そのまま帰らぬ人になってしまうなんて馬鹿げているからだ。

ちなみに今の僕は「アストラル体」の状態となって、由(ゆかり)ちゃんの「肉体」を間借りしているといった状態になる。まぁ早い話が居候ってことや(笑) ※江原氏の説によると「幽体」の状態に当たると思われる。

「アストラル体」ってのは、「肉体」が死後直後に残る幽体「エーテル体」から49日ぐらいの間、残っている霊体ってことになる。僕の場合は、この間にゆかりちゃんに憑依したことで現在に至ってるということだ。

晃(あき)のオヤジさんの場合は、49日の間に向こうへと旅立っているので既に「アストラル体」の域は脱しているんだろうと思われる。

俗に言われている「浮遊霊」「地縛霊」といった仲間たちは、この49日の間までに思い残しという未練や後悔や執着などが手放せず、その結果「アストラル体」の状態のまま現世に留まってるって感じなんだろう。

まぁ、この「アストラル体」となったからの居候生活も30年近くになると、家主と変わらないほど使い勝手を熟知してくるもんで、今となっちゃ自らの「肉体」ではないものの、それなりに居心地さもあり充分に満喫させてもらっているってのが実情だろう。

性別の違いなんてもんは、気にするから気になるのであって「コレしかない」と受け入れられたら、けっこう楽しめたりする(笑)男でありながら「妊娠~出産」までを、一緒に経験できるなんぞ生きてたら絶対に有り得ない。

そうした観点で捉えると、案外と死後の「いま」の方が謳歌してるんかもしれんな(爆)
template/by.Fukuyū

応援よろしくお願いしますペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 恋愛ブログへ
(*´v`*)ありがとうございます
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
メンバーリスト
メッセージ

メッセージは下記より送信可能

名前
メール
本文
ランキング
応援よろしく
お願いします○┓ペコリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ



(*´v`*)ありがとう
ございます

楽天市場
  • ライブドアブログ